リモートワーク、テレワーク、在宅勤務、在宅ワークの言葉の違いって?

2021年08月06日

  • AdobeStock_332626493
  •  
  • 2021年1月に国内で新型コロナ感染者が確認されてから、2年目。
  • 業種に限られると思いますが、会社に通勤しなくても仕事をする、「リモートワーク」や「テレワーク」、または「在宅勤務」している方もいますよね。これらの言葉の区別って何かご存じでしょうか。
    今回、在宅繋がりで「在宅ワーク」も合わせて、それぞれの意味の違いを探ってみました。
  •  
  • ▼関連記事
  • 在宅ワークをはじめるなら知っておきたい情報
  • 新型コロナで関心高まる副業
  •  

① リモートワークとは?テレワークと何が違う?

AdobeStock_416785520

  • まずはカタカナ言葉編。リモートワークとテレワーク。
  • この2つ、どちらを使えばいいのか分からないことありませんか?

    リモートワーク
  • remote(遠隔)+ work(働く)
  • 英単語を組み合わせた造語。身近なモノでいうと、リモートコントローラー(リモコン)や、IT言葉のリモートアクセスなど、遠隔通信に強く関連しています。
    つまり、インターネットで常に人と人がやり取りできる状態で働くことを「リモートワーク」と言います。
  • どちらかというと働き方というより、コミュニケーションの手段に近い意味合いですね。

    テレワーク
    tele(離れた場所)+ work(働く)
    こちらも同じく英単語を組み合わせた造語。
    テレ(tele)の由来は、古典ギリシア語の「tèle」(意味:遠方に)で、テレビ=tele-vision、電話=tele-phoneもこの「テレ」が付いた単語で全て離れた場所がポイント。

    テレワークとは、「情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと」という意味。企業や組織で働く人、雇われている人の新しい働き方として、次の3つを総称してテレワークと呼ばれています。
  • ※参考:日本テレワーク協会

  • ・自宅利用型 (在宅で仕事/在宅勤務)
    ・モバイルワーク (移動中や移動の合間に仕事を行う)
    ・サードプレイスワーク (サテライトオフィス、コワーキングスペースを使用して仕事を行う。ワーケションもこの1種)
  •  

② 在宅勤務はテレワークの一つ?

AdobeStock_386307400-1

先ほど出てきた「テレワーク」で登場した、「在宅勤務」。在宅勤務は企業や組織に属している人の働き方の一つで、テレワークの一種です。

③ 在宅ワーク

WFH1_

「在宅」つながりで、「在宅ワーク」と「在宅勤務」は何が違うのかと疑問に思う方も多いでしょう。ワーク=work、勤務=workとどちらも同じ「work」が使われているので、紛らわしいですよね。

在宅ワーク
自分が直接誰かに雇用されているかどうかがポイントです。主に仕事場が自宅+自営業、個人事業主など、自分で業務の委託を請け負ったり、発注者と直接取引しながら働くスタイル在宅勤務も在宅ワークもパソコンやタブレットなどの通信機器を使って、仕事をするので在宅ワークと在宅勤務の違いは、「企業や組織に雇われているか否か」にあるようです。

 ④【番外編】海外の在宅勤務、リモートワークは何て言う?

WFH_2

アメリカやイギリスなどの英語圏でよく使われているものをご紹介!

Work from home(ワークフロムホーム)
twitterやインスタグラムなどのSNSハッシュタグでは、#WFH、#workingfromhomeが人気。検索すると沢山の投稿を発見できました。日本で言う「在宅勤務」に近い意味合いで使われます。海外の方とお仕事される方にはもう当たり前になっている「WFH」かもしれません。

ちなみに「テレワーク」や「リモートワーク」はどういう意味合いがあるかと言うと、

テレワーク(telework)は基本的に会社のオフィスで働きながら、時々オフィス以外の場所で働く場合に使われ、リモートワーク(remotework)はオフィス以外の場所で働くことを基本にした働き方です。

ちなみに、今年9月から新型コロナウイルスのワクチンについて、9月から高齢者など感染のリスクの高い人を対象に3回目の接種を行うと方針を発表したフランス。国を挙げて在宅勤務を推進しているのですが、フランス語で在宅勤務は「télétravail」(テレトラヴァイユ) (=tele work)と言います。


 まとめ

AdobeStock_360449050

企業に雇われている方も、そうでない方も。働く場所がオフィスでも自宅でもどこであれ、インターネットを通じて仕事のやり取りをして、働くスタイルがリモートワーク

一方で企業や組織・団体に雇用されている方が、自宅で仕事をするのであれば、テレワークの一つである在宅勤務。自宅ではなく、例えばカフェやコワーキング施設で仕事をする場合は、サードプレイスワークと言います。

個人事業主、フリーランスなど企業や団体に雇われていない方が、自宅で仕事をするスタイルが在宅ワーク卸サイト「NETSEA」はアパレル、アクセサリー、家具など幅広いジャンルの商品を取り揃えています。バイヤー会員も無料で登録可能です。オンラインで商材の仕入れが完結できるので、在宅ワークや副業を考えている方にもおすすめです。

 BtoB卸サイト  オンライン無料会員登録はこちら!

※掲載情報2021年10月5日更新